ダイエッター必見!太らないアイスの選び方


甘くておいしいアイスクリームですが、気になるのはカロリー…。とはいっても、カシコくアイスを選んで量をコントロールすればダイエット中に食べても大丈夫。栄養士がアイスの種類と特徴、食べる際の注意点をご紹介します。

ダイエッター必見!太らないアイスの選び方

低カロリーのアイスはどれ?栄養成分をチェック!

アイスは乳脂肪の多い順にアイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイスの3つに分けられます。でもカロリーは乳脂肪の多い「アイスクリーム」が1番高いわけではなく、植物性油脂を加える「ラクトアイス」が一番高カロリー。
また、アイスキャンディーやシャーベットは、アイスクリーム類とは別に扱われ「氷菓」に分類されます。「アイスクリーム」「ラクトアイス」「アイスミルク」「氷菓」のなかでは「氷菓」が1番低カロリーです。商品の裏側に記載しているので、確認してみてくださいね。

アイスクリーム

乳固形分15.0%以上、乳脂肪分8.0%以上のもの。風味がよいのが特徴。

・100g当たり…180kcal
・市販アイスなら…ハーゲンダッツ・パルム・ピノなど

アイスミルク

乳固形分10.0%以上、乳脂肪分3.0%以上のもの。乳固形分と乳脂肪分はアイスクリームに比べて少ないですが、植物性油脂が配合されていることも。

・100g当たり…167kcal
・市販アイスなら…雪見だいふく・チョコモナカジャンボ・牧場しぼり

ラクトアイス

乳固形分3.0%以上のもの。乳固形分は少ないですが、風味を出すために植物性油脂が使われているものが多い。

・100g当たり…224kcal
・市販アイスなら…エッセルスーパーカップ・サンデーカップ・クーリッシュ・白くまなど

太りにくい食べ方のコツ3つ

1.糖分が吸収されやすくなる空腹時は避ける
2.コーンは意外と高カロリー。カップのものをチョイスする
3.カップはサイズの小さいものを選ぶ。または半分の量をお皿に分ける
※お皿に盛りつけると、食べ過ぎることはありません。


ちょっとした工夫でアイスをおいしく食べられます。アイスのおおよそのカロリーを把握して、カシコクおいしく楽しみましょう!

管理栄養士 / 衞藤敬子

コントラクトフードサービス大手(株)グリーンハウスに入社、社員食堂のメニュー提案や栄養指導業務を経て、2009年「あすけん」に参加。アドバイス作成やサービス開発に携わる傍ら、年間150件以上の栄養指導やプロアスリート選手の食事サポート、セミナーなどを実施。現在はフリーランスに転向し、幅広く活躍。

引用:あすけん「ダイエットの知識」より

ダウンロードがまだの方は
こちらからアプリをダウンロード!

※AndroidTM 6.0以降、iOS 13以降
※アプリ内ブラウザではダウンロードボタンが正常に起動しない場合がございます。
その場合、ChromeやSafariなどのウェブブラウザ経由でダウンロードしてください
※通信にはパケット通信料がかかります

※AndroidTM 6.0以降、iOS 13以降
※アプリ内ブラウザではダウンロードボタンが正常に起動しない場合がございます。
その場合、ChromeやSafariなどのウェブブラウザ経由でダウンロードしてください
※通信にはパケット通信料がかかります